棚卸.jpは実地棚卸や蔵書点検、
資産棚卸などの棚卸代行を行っています

お問い合わせ・お見積もり・資料請求はこちら

棚卸在庫管理コンサルティングサービス

商品在庫管理は日々の運営方法や準備が重要です

小売・通販・製造などの倉庫管理では、
棚卸そのものに問題があるのではなく日々の運営や準備に課題が潜んでいます。

日頃からお客様の目の触れないような場所では、
在庫管理が複雑になり、現場で商品を取り扱うスタッフだけが現状を把握しているということも多くあります。

精度の高い棚卸を行うために必要なこと

  • 在庫管理を手書きではなくンピューター帳簿」で管理する
  • 「どの場所に在庫があるか知るための「ロケーション管理を行う(棚の番号設定など)
  • 「どんな商品の在庫があるか知るための「商品ラベル管理」を行う(バーコードの発行)
  • 日々の「商品の入出庫」を正しく簿に反映」する

正しい棚卸をできないデメリットとは?

  • 会計監査が狂うことにより正しい利益額が把握できない
  • 在庫数の正しい修正(メンテナンス)ができない事による、販売機会ロス、顧客からのクレームのリスクの存続
  • 帳簿とのズレ(ロス)の再確認や原因調査など、実地棚卸後に費やす時間(コスト)が増加
  • 整理整頓、在庫の管理環境整備の機会損失による生産性の低下

棚卸在庫管理コンサルティングサービスでできること

1手書き帳簿からコンピューター帳簿に

現在、手書き帳簿を利用されている場合、理想の在庫管理・運用方法をヒアリングさせていただき、日々の入出庫や棚卸のデータ照合を簡易的に行えるよう、最適なピューター帳簿(エクセルなど)のご提案をさせていただきます。

2ロケーション管理

商品の保管場所や位置・利用什器などをを踏まえた上で、今後の運用に合わせた「ロケーション管理」方法をご提案をさせていただきます。

3商品ラベル管理

現在、商品ラベルが付いていない商品でも「ロケーション」「入荷日」「ロット」「発注者」など様々な視点で管理手法を検討し、最適な「商品ラベル(バーコード)」をご提案させていただきます。

4自社での棚卸実施が可能に

コンピューター帳簿・ロケーション・商品ラベル・入出庫の管理方法ができるようになると自社で棚卸を実施することができるようになります。その運用についてもご提案させていただきます。

※自社での人員が不足している場合は棚卸代行サービスもご利用いただけます。

棚卸在庫管理の現状把握から管理手法の見直しまで幅広いコンサルティングの提供が可能です。
まずは現在の管理状況とお悩みをお聞かせください!

提供できる代行サービス

  • 倉庫棚卸代行サービス

    倉庫棚卸代行サービスは必要な時と場所に、最適な数の人員・機材をご用意し、棚卸を代行いたします。

お問い合わせ・お見積もり・資料請求はこちら

  • 0120-953-868
  • 受付時間平日9:00~18:00
  • 対応エリア東北~九州※その他地域はご相談ください

メールフォーム

ページトップへ