経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第9回 『在庫管理で見えないロスを事前に確定する 其の2』

2011年08月11日

特に、生鮮部門で実施する週間棚卸は、
部門毎の粗利高をコントロールする上で重要な鍵になります。

生鮮部門においては“歩留まりによるロス”“廃棄、値引きによるロス”という問題があり、食品部門では“万引きによるロス”といった問題が現場では付きまといます。

商売において、“ロス”は必ずつき物なのです。
しかしながら、多くの店舗において、この商売に付きまとう“ロス”については、“見ても見ないふり”をして、月末や四半期に一度、チェックするといったように、後回しにして、日々の商売に取り組んでいる企業様が多いようです。

そして、決算期を前にして、もはや日々の営業で利益の改善の為の手を打つことができない状況に陥ってしまい、四半期毎の定期棚卸で、その“痛い現実と直面”するケースが多く見られるのですよね。

時間と共に、そのロスという問題を後回しにすることで、現実から目を背けようとしている会社が未だに存在するのも、現状です。

次回へ続く・・・


船井総合研究所 藤田牧男

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー