経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第7回 『生鮮強化で差別化を図る為の取り組み 其の3』

2011年07月28日

その取り組みの中でも、生鮮部門の品揃えが充実し、顧客に支持されている店舗で実施している取組みの一例が以下の5点です。

 1. 商品納品時に納品日時を商品の外箱に記載
 2. 毎日の冷蔵庫整理の周知徹底
  3. 毎日の差益コントロールの実施
 4. 毎週一回の週間棚卸の実施
  5. 週末時の商品在庫金額が売上高換算で1日以内

実は、この取組みを周知徹底している店舗が、売上高で前年実績を上回っており、お客様からの生鮮食品への鮮度の評価が高く、粗利率も25%以上を確保し続けていると言えるでしょう。

本当に基本的なことですが、実はこの、

“お金が掛からず”
“基本中の基本の業務”


を徹底することが売上高と利益高のアップへの結びつける共通事項なのですよね。

仕入ルートの開拓も重要ですが、まず、社内で何を改善すべきかという視点に立つと、多くの点が、周知徹底できていないことが浮き彫りになってくるはずです。
まずは上記の5か条をチェックし、実践してみてはいかがでしょうか?

次回へ続く・・・


船井総合研究所 藤田牧男

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー