経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

『物流ABCの活用法』

2012年03月07日

業界の方には有名な、物流ABCの話です。


活動基準をベースとした原価計算の物流版です。
といってもわかりにくいので、簡単にいってみると、

「物流コストを顧客ごとに配分する際に、
売上案分ではなく、かかっている手間で配分する手法」です。

「何をやったら何円」というように、作業に値付けをしていく活動です。

ただしこれをやったら、物流コストが下がるわけではありません。
わかることは、顧客ごとにかかっている物流コストが明確になるということです。
つまり、どのお客さんで利益がでているのかわかります。

よく儲かってると思っている顧客ほど、物流で手間をかけていて、この手法で
計算してみたら、赤字になってた、なんてことはよくあります。

その際に、適正な利益体制にするために、適正な料金をもらうための材料、
またはそのサービスをやめる、またはコストが安くできる方法を考える、という
ための材料として使うのが、正しい使い方だと思います。

私はこの考え方を、当時のPWCCの岡田さんという方から教えていただきました。
(物流ABCではなく、ホワイトカラーまで範囲を広げた
ABM(アクティビティ・ベースド・マネジメント)でした)

私がコンサルティングに興味をもった理由の一つにもなりました。

だからこのABCには思い入れがあります。
よって本日はえらく気合が入りましたね。


船井総合研究所 物流効率化コンサルタント廣田幹浩

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー