経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

『中国流通業の物流事情』

2012年04月04日

中国湖西省、山東省の流通業トップ20の小売業から物流効率化の相談があり、物流現場を視察した。

中国の物流は、日本では遅れていると思われているが、中々そうとも言い難い。
物流センターを視察すると、約3000坪の平屋建てのセンターに、ロケーション管理されたラック設備。
そして、ITはWMSの導入など、日本の物流センターと大差ないぐらいである。

そして、保管型のDCと併せて、流通業ではPC(プロセスセンター)や、
飲食業では、物流センターの中にセントラルキッチンを併設するなど、
日本の物流と遜色ない形で進められている。

それでは何が違うのか。

それは輸送である。
中国は昼間に貨物進入規制があったり、しかも許可車輌しか、配送できないという悩みがある。
完全に輸送がネックになっている。

ただし、国家を挙げて、物流インフラを整備している中国としては、今後こういった規制が緩和されることは間違いないだろう。
そうなったとき、日本の物流の仕組みが完全に移植され、中国の流通企業は物流効率化により、一気に生まれ変わると感じた。


井総合研究所 物流効率化コンサルタント廣田幹浩

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー