経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第5回 『マスタ管理 〔づ佻疹ι覆糧縮澄

2012年01月12日

2.マスタ管理

2 - 1 「マスタ未登録商品が洗いざらい判明して一斉に登録する良い機会になった。」


商品マスタへの登録は入荷時に自動処理や手動処理で100%実施される工程を構築されていると思います。

しかし、現実にはマスタ未登録商品が発生してしまっています。

お客様をレジでお待たせしてレジ担当者が売場に売価を見に行く、
又は売場担当者への確認をとる必要がでる。

この様な事態は可能な限りゼロに近づけたい…
そう思われている方は多いでしょう。

この様なマスタ未登録商品の処理は、棚卸の機会を通じて実施する事が可能です。

単品管理の棚卸し時に商品マスタを頂けて頂く事により、ハンディターミナルでスキャンした瞬間にマスタ未登録が判明します。
そしてマスタ未登録商品は、いくつかの方法で対処しています。  

1. 付箋で印をつける
2. 代表の1個を抜き出す
3. 全部抜き出す
4. スキャンしてそのバーコード情報と棚番号を付けてcsvデータなどで提出する


棚卸しでは全品スキャンします。
つまり、全商品に対してのマスタ未登録チェックが、棚卸しと同時に実施ができるという事です。

ちなみに年に1〜2回の棚卸し時のマスタ未登録チェックだけでは物足りない! というお客様には、スキャンチェックという形で別サービスも可能です。
お問合せ下さい。

アセットインベントリー(株) 大津

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
○得情報配信中 メルマガ会員登録はこちらから 資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
※ID・パスワードが必要となります
既にお取引のあるお客様
棚卸に関する資料等をダウンロードしていただけます。
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー