経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第4回 『理論在庫の差異チェック』

2011年06月23日

前回は集計のお話をさせていただきました。
今回は理論在庫の差異チェックについてです。 4つのフェーズに分けた4番目になります。

理論在庫との差異チェックは、ハンディターミナルを使った単品管理の時に主に実施する事と思います。理論在庫との差異チェックは、「どこまでの差異をチェックするか」を何も決めずに実施すると底なしの作業になってしまいます。

棚卸実施2週間後まで継続されているお店の例を聞いたことがありますが、当然毎日商品は入出庫していますので、日が経つにつれて差異チェックは合わなくなってきます。

下記のような目安を過去の実績から決めておくといかがでしょうか。
1.-単品の数量違いが50個以上
2.-単品の合計金額の違いが5000円以上
たとえば、10円の菓子が10個違っても合計金額は100円です。1,000円の化粧品が10個違うと10,000円もの違いになります。
数量違いだけで差異チェックを実施していることがありましたら、合計金額ベースに見直しをさせるのも一つの手法です。

アセットインベントリー(株) 大津

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー