経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第3回 『部門・金額集計について』

2011年06月16日

前回は実地棚卸のお話をさせていただきました。
今回は集計についてです。
4つのフェーズに分けた3番目になります。


ハンディターミナルの場合は、データに取込むだけなので説明は省きます。

問題は部門・金額集計の場合です。費用・日数の余裕があればデータ入力の外注を出せば3日くらいで仕上げてくれますので効率的です。自社で入力するときは、「実地棚卸」と「集計」は別工程として段取りは計画するようにしましょう。

同じ工程で行おうとすると、「ここは入力したっけ?など確認のためのコミュニケーションで時間のロスが発生してしまいます。

別工程といっても同じタイミングで実施することは当然可能です。別の従業員が専属でデータ入力すればよいのです。そのためにはフロアマップに棚ごとに番号を振り、棚番号で棚卸リストも管理する段取りが必要になります。

できる限り電卓ではなく、エクセルで入力をオススメします。そして、入力したエクセル表を印刷して、さらに別の従業員が入力ミスのチェックをします。

それにより、「データ入力時点」ではミスが無い事が確定でき、「データ入力ミスは無し」という前提で棚卸確定まで進めることができます。

アセットインベントリー(株) 大津

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー