経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第7回 『お得感◆

2011年10月06日

販促効果を高めて、集客に欠かせないマーケティング施策 『7つの演出』
前回より、『お得感』についてお伝えしています。


不況は、客数の確保が重要です。

下手な値引きなどを行うのではなく、
お客さまにお得さを感じてもらうために、
“お客さんの予算帯”と“メニューの価格帯”を一致させる、
ということが重要だと書かせていただきました。

お客様はお店を選ぶ時、自分の予算帯を持っています。

例えば回転寿司で1,500円の予算で、平均8皿注文があるとすれば、
190円の価格帯のメニューが一番多く揃っていなくてはいけません。

もし店前の看板を見た時に、
290円のメニューが一番多く揃っていると、2,320円となるため、
1,500円でお腹いっぱい食べたいと思っていたお客様の足は遠のきます。

一方、90円、190円、290円、390円、490円のメニューが全て10種類ずつ揃っている回転寿司店ならどうでしょうか。

どの予算帯のお客さんでも悩まずには入れますが、
今度はターゲットがぶれるため、特徴のないお店になってしまいます。

ではどうすれば良いか?

一つは、これまで売上が多かった価格帯の1ランク下の価格帯のメニュー数を増やすことが良いでしょう。
それにより、お客さんの予算帯に合ったメニュー構成になります。


次回は、『限定感』についてお伝えいたしましょう。
次回へ続く・・・


船井総合研究所 山本大地

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー