経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第5回 『お値打ち感(観)』

2011年09月22日

販促効果を高めて、集客に欠かせないマーケティング施策 『7つの演出』

前回は『安心感』について、お伝えいたしました。
今回は『お値打ち感(観)』についてお伝えいたします。


まず大前提として、
一般的に言われている売上アップの公式 客数×客単価 を考えてみても、
客単価をアップさせることは難しくなっています。
(ヘビーユーザの購買価格が減少している中、そこだけに頼ることは危険ですね)

そんな中、客数アップの取り組みが非常に重要になります。

では客数アップのためには何をするか?
ずばり、新規顧客、ライトユーザの確保でしょう。
当たり前ですが、安さ感のある品質の良いサービスを、提供する。

以前もお伝えしましたが、単に安いだけではいけません。
そこに『お値打ち感』をもたせます。

『商品の質』と『商品の単価』で、質が単価を上回るように演出します。
※もちろん誇大広告はNGです。
となると、比較対象が必要です。
より分かりやすい境目を提案するのです。

ヘビーユーザになれば、一目見ただけでも価格価値が伝わるかもしれませんが、ライトユーザはそうはいきません。
是非、商品価格価値を明確にしてください。

  例)POPに参考価格などを明記してあげるなど

次回は、『お得感』についてお伝えいたしましょう。
次回へ続く・・・


船井総合研究所 山本大地

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー