経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第3回 『安さ感◆

2011年09月08日

販促効果を高めて、集客に欠かせないマーケティング施策『7つの演出』。
前回は『安さ感』について、『安さ感』=『安売り』ではないとお伝えいたしました。

今回は、もう一つ重要な要素として、
『安さ感』を演出する商品戦略のポイントをお伝えいたします。


あなたの店舗がお客様に『高い店』『安い店』どちらに思われているか?

これは商品のアイテムごとに、
一番高い価格と一番低い価格を掛け算して、
ルートで開いた価格を競合他店と比べてみれば明らかになります。

 式 :《中心価格=√(下限価格×上限価格)》

例えば、

A店ではミカンが3アイテムあり、価格は88円、299円、299円
B店ではミカンが3アイテムあり、価格は98円、158円、350円

単純な平均価格は、A店が229円、B店は202円となり、
A店の方が高い店のように思えるかもしれません。

しかしこれを上記の計算式で計算すると、
A店が162円、B店は185円となり、A店の方が低くなります。

つまり、A店の方が『安さ感』を感じやすく、消費者心理を上手に活用した価格設定をしていると言えます。

全ての商品の価格設定を変える必要はなく、最低価格商品を1アイテム加えることで、『安さ感』をアピールできることになります。

是非貴社でも考えてみてください。

次回は『安心感』についてお伝えいたします
次回へ続く・・・


船井総合研究所 山本大地

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー