経営お役立ち情報

HOME > 経営お役立ち情報

一覧へ戻る

第1回 『縮小時代の戦い方』

2011年06月02日

本の食品スーパーの市場規模は22兆円前後で推移していると言われていますが、今後は、国内の人口減少により、商品を購入する人口は減少し、高齢化によって、一人当りの食品への消費量も減少する可能性は高くなると思われます。
 
つまり、長期的には市場全体が縮小することは、ほぼ間違いないと認識しなければなりませんね。
 
戦後、2000年前後まで右肩上がりで成長し続けてきた時代と現在では社会の様相が、根本的に異なってきていると現状も確認しなければなりません。
 
つまり、最近まで食品スーパー業界において、商売のベースの考え方となっていた
「安定し、一定の商品規格・品質」
「同質的な品揃え」
「サービスの標準化」

を前提としたチェーンストア発想からの切り替えがトップシェアを誇る会社以外においては必要になってきているという現実です。
 
では、そんな時代、店舗ではどんな戦略を組めば良いのかというと・・・・・
 
次回へ続く・・・

船井総合研究所 藤田牧男

スピード
見積もり 最短2日で対応

お見積もりはこちら

正規のお見積もりは
ご訪問後に提出させていただきます。

導入実績&お客様の声 様々な企業の皆様に導入していただいております。 詳しくはこちら
2社同時導入をご検討ください
詳しくはこちら
資料請求 メディア掲載情報 棚卸の観点から見た経営に関するお役立ち情報を掲載しております 各種ロゴ
株式会社株式会社アセットオール
運営会社アセットイベントリー